社会復帰・復職・職場復帰等を支援する電話・メール相談サービス「OrB(オーブ)」
ひきこもり・うつ病の経験者が対応いたします!

電話相談予約ページ

東京、長野、名古屋

社会復帰・復職・職場復帰等を支援する電話相談サービス「OrB(オーブ)」 ホーム > こんなお悩みはございませんか? > ストレスが解消できない

ストレスが解消できない

誰でもストレスを受ける

ストレスを受けない人はいません。

人間の悩みは
・健康面
・金銭面
・将来
・人間関係
の4つのカテゴリーのいずれか、もしくは複数に該当するといわれていますが、
この4種類の悩みの影響を受けない人はいないのです。

体が年齢とともに弱っていかない人はいません。
お金がなくても悩みのタネですが、あってもそのお金を守るためにいろいろと悩まなければなりません。
将来について悩まない人がいるでしょうか?人は将来を予見できません。だから悩むのです。
人は一人では生きることができません。人と交われば必ずそこには問題が生じるものです。

我々はストレスを常に感じながら生きているのです。

王様もアイドルも超一流のスポーツ選手も例外ではありません。
しかしたとえば超一流のスポーツ選手は一般人が経験することのないほどのプレッシャーを常に感じています。大観衆の目にさらされ、数十分から数分の体の動き、極端に言えば一瞬の動きでその先の将来が左右される世界に住む彼らは、そうした圧倒的なストレス環境でも一定のパフォーマンスを発揮します。

ではストレスに押しつぶされる人とはねのけることができる人の違いは何なのでしょうか?

ポイントは思考パターン

アルバート・エリスという臨床心理学者が唱えたABC理論(もしくはABCDE理論)は人間の行動について、ある出来事の解釈によって結果が変わることを主張しています。

つまり「同じ出来事(Activating event)が起こってもその人の解釈(Belief)によって、結果(Consquence)が異なる。」という考え方です。

この解釈というのは感情と思考に分解できます。

感情は変えることができませんが、感情を受けての思考は変えることができます。つまり解釈を変えるのはその人の思考パターンです。(感情と思考は全く別なものです。)

思考パターンが変わると発する言葉が変わり、行動が変わります。行動が変わると結果が変わります。

「素振り10,000回やってください!」

イチローだって感情は「うわー」って思うはずです。

しかしそれを受けて思考はどうでしょうか?多くの人は「できるわけない」「できてもなんになるの」などという思考をとります。

「めんどくせー」という言葉になります。

その結果、やらないという行動をとり、何も変わらないという結果を招くわけです。

しかし思考の段階でポジティブであればどうでしょうか?

※この批判的(ネガティブ)な思考へ抗うことを「反論」(Dispute)、それによりもたらされるより良い結果をEffectsと呼んでいます。

思考パターンを変えることにより、結果を変えることができます。

思考を変える

従来ストレスを生じさせる出来事でも、(ストレスを感じますが)よりよく対処できるようになるのです。

当サービスでは

OrBではお客様の悩みを以下の流れで解決に導きます。

初めての相談の場合 2回目以降の相談
  • 直面している悩みや環境をまずお聞かせください。
  • お客様のストレスの原因を一緒に考えるところから始めます。
  • お客様のストレスの原因を解決に導く5つの質問を投げかけます。
  • 具体的にどのような対応をすればよいのか一緒に仮説をたてます。
  • 仮説に基づいて行動した結果をヒアリングします。
  • ヒアリング結果をもとに検証と改善を行います。
  • 検証改善をいかした仮説を再構築します。

といったサイクルを回すことにより、お客様の思考パターンをポジティブにするお手伝いをいたします。最終的にはタイプが異なる問題に直面した場合でも、応用できるような思考パターンを身に着けることができるのが理想的です。そうすることでストレス耐性がついてきます。人は耐えきれないストレスがかかると思考を止めようと無意識のうちする傾向がありますが、思考パターンを整えることでストレスのもとでも冷静に考えられるようになってきます。ストレスを打破する方法を冷静に分析し、その分析結果をもとに自分で行動できるようになってきます。そうなるともうしめたものです。ストレス下でもそれをはねのけることができる方というのはストレスをはねのける自分の思考パターンを持っているのです。

(マンツーマンのサポートになるためアドバイス内容は上記と異なる場合がございます。)

また、ただ悩みを聞いてほしい、アドバイスはいいから話を楽しみたいという方のご希望にも喜んで対応しております。「人に話す」という行為そのものがストレスを解消する効果を持っています。

※うつ病の症状が考えられる場合にはポジティブな思考というのはしようと思ってもできません。医学的なケアが必要となりますので、専門の医師に相談することをお勧めいたします。またその場合でもうつの場合、考えを否定しない人に話を聞いてもらうということは非常に重要です。OrBは傾聴のスタイルをとらせていただくことも歓迎しております。
是非ご利用いただければ幸いです。

dbk\y[Wֈړ₢킹tH[ֈړ