社会復帰・復職・職場復帰等を支援する電話・メール相談サービス「OrB(オーブ)」
ひきこもり・うつ病の経験者が対応いたします!

電話相談予約ページ

東京、長野、名古屋

社会復帰・復職・職場復帰等を支援する電話相談サービス「OrB(オーブ)」 ホーム > こんなお悩みはございませんか? > うつ病、やる気が出ない、気持ちが重い

うつ病、やる気が出ない、気持ちが重い

すでに病院に行かれていてうつ病と診断されている方の場合、病院に行っていないが間違いなくうつ病であると自覚されている方、一時的にやる気が出ない、気持ちが重いという方では対処すべきことが異なります。OrBがお手伝いできる内容も異なってきます。

通院中でうつと診断されている方

すでに病院に行かれている方であるなら、一刻も早く状況を改善したいと思うかもしれません。ただし一般的にはうつの治療には時間がかかるものです。
OrBはうつの方に対して否定的な意見や、何かをするように強くお勧めすることは致しません。
相互理解ができるように努め、お客様の考えや気持ちをすべて受け止めたいと考えています。

「人に話す」ということにはうつ病の克服に驚くほどの効果があります。

うつは必ず治る病気です。多くの人が信頼できる人に話したことが回復に向かった大きな要因の一つであるとこたえています。

OrBの相談員は経験者であるため、否定的なことを言われたり、頑張れない時に頑張るように言われたりしたことで嫌な思いもしています。

ただし気持ちを打ち明けるというのは、普通の人でも重労働です。ましてや心の病にかかっている方ならなおさらです。気持ちを打ち明けてくれた人の気持ちをまた閉ざしてしまうようなことは絶対にしたくないと思っています。まずは対応者側の人間性を見極めたうえで、お話ししたくなったら、お気持ちを打ち明けていただければ結構です。対応者側もお客様が心を開くのに相当の時間を要する場合が多いことは理解しております。「人に話す」ということはもちろん強制ではありません。ご自分の心、お気持ちを大切にしていただければ幸いです。

うつだと思っているものの病院に入っていない方

またうつだと思っているものの病院に行っていない方には強くいくことをお勧めいたします。それは身体的問題からうつと似たような症状が起こる場合もあり、その判断は経験・スキルがある医師でないと判断ができないためです。

うつ病以外の人がうつ病用の対策をすると、その病気が悪化することもあります。
たとえば内臓や循環器の病気の症状で出たうつと似た症状をうつ病と思い込んでしまい、抑うつ効果があるサプリなどを服用することで、それらの病気が進行する場合もあります。
また実際にうつ病だったとして自己判断で睡眠薬などを長期にわたり服用することは症状を悪化させる場合もあります。

その上で、お話を聞くという形でOrBはお手伝いができると考えています。

一時的にやる気が出ない、気持ちが重い方

うつかどうかをセルフチェックするための期間としてはWHOによると「2週間」というのが目安のようです。「2週間やる気がなくて沈んでいる」という場合にはうつであることが考えられます。
人は誰でも落ち込みます。また後悔するというのは人間なら当たり前のことで、「エレクトリック・ゼブラ社」が行った調査では、人は後悔するのに1週間で44分の時間を費やすそうです。調査対象は英国人ですが日本人もそうはかわらないことでしょう。

つまり人は健康状態でも、落ち込んだり後悔したりするものなのです。
まただからこそ次の機会にはもっとうまく対処できるようになるのです。

やる気が出ない、気持ちが重い原因となっている悩みや出来事があるはずです。

大抵の場合、時間が解決してくれます。ただ話すことでラクになる場合もあります。

また気持ちが回復しても、具体的にどんな行動をすればいいのかわからないこともあるかもしれません。

たとえば一例をあげると、「職場のある人との人間関係がうまくいかない」ということで落ち込んでいるとします。
話すことでラクになるとします。

ただ、状況は実際に変わっていないとしたらどうでしょうか?
その状況を改善したいと思うのではないでしょうか?

また、本音を言うとこういうことは今までもたくさんあり、人間関係があまりうまくいかないことが多いと自覚されている場合には、根本的にコミュニケーションスキルを磨きたいと思うかもしれません。

OrBはお客様のお話をを聞くことはもちろん、お客様が望む場合、特定の状況に関するアドバイスやたとえば人間関係全般などの大きなテーマに関するアドバイスをすることも可能です。

コミュニケーションスキルだけでなく、他にもたとえば休職中や仕事を辞めたいと思っている方のお話を聞いたうえで、起業や転職、資格取得などのサポートもしております。

多くの場合、気持ちが晴れただけでは根本的な問題が解決していないことは珍しくありません。他のサービスの場合心のケアは提供してくれますが、具体的な行動ステップ(例えば資格を取ろうとするなど)に移る場合、当然別サービス(資格なら資格専門学校など)に切り替える必要があります。当然別サービスではお客様が直前まで心を痛めていたことは知らないため、そこに配慮したサービスの提供というのはできないものです。実際に気持ちを理解してもらえないという理由で衝突が起こり、せっかく切った再スタートを断念してしまう残念な例も少なくないようです。OrBでも別サービスの併用をお勧めする場合はございますが、直前までの状態を知っているため、心の状態にも配慮したアドバイスを提供することができます。

このようにOrBならお客様の気持ちだけでなく状況までワンストップで変えるお手伝いができます。

dbk\y[Wֈړ₢킹tH[ֈړ