社会復帰・復職・職場復帰等を支援する電話・メール相談サービス「OrB(オーブ)」
ひきこもり・うつ病の経験者が対応いたします!

電話相談予約ページ

東京、長野、名古屋

社会復帰・復職・職場復帰等を支援する電話相談サービス「OrB(オーブ)」 ホーム > こんなお悩みはございませんか? > ずっと体調が優れない

ずっと体調が優れない

体調が優れない場合の原因は様々ですが、体に問題がある場合と心に問題がある場合があります。
精神的ストレスによって体調に異変がある場合もあります。
明らかに体の問題である場合は、専門の医師にご相談されることを強くお勧めいたします。

また過度に罪悪感を感じたり、憂鬱な状態が続いたり、不眠状態が継続する場合などはうつ病の傾向があるため医師によるケアが必要といえます。
「じぶんはうつ病なんかじゃない」とほとんどの人が主張します。
不調であることは悪いことではありません。まず自分が不調であることを認め対策を講ずることが重要です。

以下はうつではない人がやる気がない場合のお話です。ただしうつ病かどうかは確実に線引きできるものではありませんので、少しでも不安であれば早めに医師に相談されることをお勧めいたします。
(うつ病だと思っていても身体的な病気による場合もあります。その判断は経験とスキルがある医師でなければできないという理由もあります。)

もし自己分析の結果、なにかストレスが多い状況、もしくはストレスがかかる原因となった出来事があったがゆえに体調が優れないのであれば、人に話すことは非常に有益です。
(うつ病であっても信頼できる人に話を聞いてもらうことは有益なことです。)

体調が優れないのもきっとあのことが原因なのだ、と思っていても思考が停止しているとその先に進みません。

OrBではこのような場合まず、相談者の話を考え方を一切否定せずにすべて受け入れる姿勢でお聞きします。
ありのままの自分を受け入れてくれる存在というのは非常に重要です。

時に友人や恋人、配偶者がこれができないのはあなたのことを心配するが故、また専門家ではないために正しいアプローチを知らないからです。

また大切な人だからこそあなたの側で話すのをためらってしまうかもしれません。

ただ、誰にも話すことができない状況がつづくと心理的に自分を追いつめてしまい悪循環に陥る場合もあります。

そんな時にぜひOrBをご利用いただきたいのです。

「話すこと」で得られる効果

(1)カタルシス効果(心の浄化作用)

どんな想いでも自由に話してください。心の中にある感情を自由に表現することで心が軽くなり、ひいては体調も良くなることがあります。
これを「心の浄化作用」といったり「カタルシス効果」と言ったりしますが、言葉にする。それを聞いてもらう。というのは非常に重要です。

(2)共同作業による効果

また悩みを相談してもらうことで、互いに同じ情報を共有することができます。もちろんお客様のすべてを共有できると考えるのは驕りです。しかし、相互理解を図り、一緒の問題の取り組むことはお客様の中に安心感を持たせる効果があります。

(3)気づきの効果

また人に話すことで本当の自分の気持ちに気付くこともあります。
人はつらいことがあるとその原因を心の深く、深層意識へ押し込む傾向があります。
しかし時にそれと向き合わなければ問題を解決できない場合もあります
人に話すという行為を通してその根本的な原因に気付く場合もあります。

OrBは問題解決型の相談サービスであることに強みを持っていますが、アドバイスをしていい段階とそうではない段階がある場合があることを承知しています。

お客様との信頼関係がない状態やお客様が望まない場合、また心の準備ができていない状態で、無理に何かをしようということはありません。

どうぞお気軽にお問い合わせください。

dbk\y[Wֈړ₢킹tH[ֈړ