社会復帰・復職・職場復帰等を支援する電話・メール相談サービス「OrB(オーブ)」
ひきこもり・うつ病の経験者が対応いたします!

電話相談予約ページ

東京、長野、名古屋

社会復帰・復職・職場復帰等を支援する電話相談サービス「OrB(オーブ)」 ホーム > ブログ > 代表について > なぜ電話相談を受けようと思ったのか

なぜ電話相談を受けようと思ったのか

なぜ電話相談をしようと思ったのか?

そもそもそれを職業にしようと思ったのか?

今日はそんなお話をしたいと思います。

ずっと自分が何をすればいいのか?なんのために生きているのかわかりませんでした。
すごく消極的な意味でそうだった時もありました。この世から消えちゃいたいと思ったことも。
もっとできるとハングリーな時もありました。どんなに周りから評価されても満足できなかった。

「起業したい!」

起業家育成の専門家の門をたたきました。

「君の情熱は?」

はっとさせられました。
当たり前のことだけど、自分の情熱がないことをやっても持続しない。

全く自分のことをわかっていない自分迷子でした。

中学・高校は引きこもり経験あり。大学は中退しています。転職経験も余裕で二ケタ。
組織社会になじめませんでした。

ずっと一人で生きているつもりでした。そんなことなかったんだけど。

でも独りぼっちだと思う気持ちはすごくわかる。

「起業家になりたいです」

といったその日、師から僕の方向性を決める一言を頂きました。

「お前は引きこもりの星だ」

僕でも役に立つことができるんだと。
しかも僕にはこの分野に関する情熱も才能も知識・経験もある。
そんなことを気付かされました。

「星」であり続けたいと思います。

真っ暗闇にもしあなたがいるなら道しるべになりたい。

すべての生き方を受け入れたいと思います。

何かお役に立てると思います。
まずはお話ししてみませんか?

dbk\y[Wֈړ₢킹tH[ֈړ