社会復帰・復職・職場復帰等を支援する電話・メール相談サービス「OrB(オーブ)」
ひきこもり・うつ病の経験者が対応いたします!

電話相談予約ページ

東京、長野、名古屋

社会復帰・復職・職場復帰等を支援する電話相談サービス「OrB(オーブ)」 ホーム > ブログ > OrBについて > 病院ではないからできること

病院ではないからできること

http://diamond.jp/articles/-/1914

職場うつについて調べているとこんな記事が・・・

~また、うつの患者には日内変動といって、午前中はつらくても午後になると回復してしまう人が多い。「朝はひょっとしたらうつじゃないかと思ったけど、なあんだ、元気じゃないか」と、やりすごしてしまうパターンもあるだろう。~

思い出しました。

学生時代ひきこもりだったとき、行くまではすごく嫌だったけど、行くと何とかなったこと。また次の日は行きたくないんだけれども・・・
自覚があるのに病院に行っていない人であれば、きっと先延ばしにする時の理由は「今日もなんとかなったから」とか「頑張れば何とかなるんじゃないか」とうものなのだろうなとこの記事を見て思いました。

うつ病が身体的病気とことなるのは症状の程度が季節や、時間帯などのよって変わってしまうこと。だから良くなる方に賭けてしまう。
もともと弱音を吐けない人がかかりやすい病気です。
僕は医師ではないので、病院に行ってほしいと強く思いますが、病院に行けない人には「うつ病です」といわれるのが怖い人、「うつ病じゃない」といわれるのが怖い人の2タイプいると思います。

前者はきっと、病気だとということを薄々わかっていても、認めたくない人。

後者は僕もそうでしたが、「うつ」じゃなかったら、頑張りが足りないだけだということを認めなければならないという恐怖をもっている人。この程度の悩みでは「うつ」ではないのではないかと
思っていました。ただ怠惰なだけだと。
自分が本当に「うつ」かどうかというところがすごく不安でした。
僕は医師のことを診断を下す人というか裁判員のように思ってましたから。
この人に「うつ」じゃないって言われたら、もう言い訳する理由がないじゃんって・・・

僕は幸か不幸か「あなたはうつです。」ということができない立場にあります。
ただ僕にはうつであっても、うつでなくても悩んでいる人がいればその人の力になりたいと思っています。
医師の代わりになることはできませんが、診断できないからこそできることもきっとあると思うのです。僕たちからあなたがうつかどうかについては、(当然ですが)言うことはありません。

このことが少しでもあなたが電話をかけるハードルを下げる要因になればいいなと。

連絡お待ちしています!

dbk\y[Wֈړ₢킹tH[ֈړ