社会復帰・復職・職場復帰等を支援する電話・メール相談サービス「OrB(オーブ)」
ひきこもり・うつ病の経験者が対応いたします!

電話相談予約ページ

東京、長野、名古屋

社会復帰・復職・職場復帰等を支援する電話相談サービス「OrB(オーブ)」 ホーム > ブログ > OrBについて > 深夜の電話相談、誰かと話したい

深夜の電話相談、誰かと話したい

OrBでは基本的に土日は24時間対応、平日も20:00から翌朝6:00まで電話相談を承っております。

特に多いのが深夜の利用。
やっぱりニーズがあるんだなーというのが感想です。

正直最初はそんなにこの時間帯に電話をしてくる方もいないと思っていました。

でも時間がなかったりして「相談したいけどどこもやっていない。こまったな。」

と、問題をほったらかしにしている人が想像できたから、そうやって悩みをずっと抱え込んでほしくなくて、夜通し対応にすることにしました。

でも別のニーズがあって・・・

夜、寝れなくて、寂しくて、誰かと話したくて、という人が多いのです。

たしかに「うつ」というテーマはOrBと深く関わりがありますが、確かにうつの方に多いのが不眠症です。

自分も長い間悩まされました。
次の日が学校で、眠らなきゃ、眠らなきゃと思うほどに眠れなくなる。悪循環をたどってしまうのです。自分はわがままに家族を起こして話を聞いてもらったりしていましたし、学校に遅刻するのも暗黙の了解でOKみたくなっていたから、たぶん多くのケースより状況は悪くなかったのかもしれませんが、学生ではなく社会人だったりすると死活問題だったりします。
うっかり遅刻でもしたらという不安感が常にあります。(自分の場合朝の5時ころ眠くなりだすことが良くありました。そこで寝たらアウトって感じでした。)また寝不足で仕事に行くため、ミスをするんじゃないかという不安もあります。会議では眠気と戦うこともしょっちゅうあるでしょう。
理由を知らない上司に注意力が散漫だと叱責されるケースもあるようです。

もし、そんな状況下で頼れる人がいないとしたら、絶望的な気持ちになるのは想像に難くありません。特に一番つらいのが深夜、寝ようとしているのに眠れないその瞬間です。

またうつからくる不眠症ではなくても眠れない夜は誰にでもあるはず。とくに秋は物寂しい気がします。季節の変わり目は体そのものはもちろんですが、メンタル的にも落ち込む人が少なくありません。だからこの季節は深夜お話ししたいという人が少なくないのかもしれませんね。

やっぱり深夜枠はあってよかったなと、やってみて実感しました。

多いといっても深夜は次の予約が入っていることは比較的少ないので長くお話しすることも可能です。毎日電話をしなくてもいざとなったら話せる人がいる、というのは心の支えになります。

どうしても不眠で不安になってしまうという方がいれば本来24時間前までの予約しか受付ていませんが、電話で予約を受けるなどのイレギュラーな対応も考えております。といわせフォームよりお問い合わせください。

ご連絡お待ちしています。

dbk\y[Wֈړ₢킹tH[ֈړ