社会復帰・復職・職場復帰等を支援する電話・メール相談サービス「OrB(オーブ)」
ひきこもり・うつ病の経験者が対応いたします!

電話相談予約ページ

東京、長野、名古屋

社会復帰・復職・職場復帰等を支援する電話相談サービス「OrB(オーブ)」 ホーム > ブログ > OrBについて > 勝手に制限しないこと

勝手に制限しないこと

当然ですが、みなさんはブレインストーミングという集団発想法をご存知ですか?
ブレインストーミングは限られた時間の中で全員が協力してできるだけ数多くのアイデアを出すことを目的にしています。全員でアイデアを出し合うのです。
日本でも三人寄れば文殊の知恵とあるように、集団でアイデアを出し合えば、相乗効果が生まれるのでは?と思われることでしょう。

でも意外とそうでもないんです実は・・・

それはルールを知らないからです。ブレインストーミングにもルールがあります。
(1)批判や否定的な質問は禁止!                                       (2)突飛なアイデア大歓迎!                                                    (3)相乗りOK!
(4)質より量!

 

(1)  はアイデアを誰かが出した瞬間にダメ出しをしないことです。日本の会社の会議とかでは偉い人がこれをやってしまいます。もう誰も委縮して自由な意見など言えなくなるのです。

 

(2)  は現実的かどうかなど気にせずにのびのびと意見を言うことを担保するルールです。
多くの人には到底無理なことでも、ほかの誰かにとってはたやすく実現できることかもしれないのです。

 

(3)  似たようなアイデアや、置き換えを使ったアイデアも活きる場合があります。
マクドナルドやすき家なんかはサイズを変えるだけで稼いでいます(笑)

 

(4)  最終目的です。ブレインストーミングは数多くのアイデアを出すことを目的にしていますから、まずは目的を達成することが大事です。評価するのはそのあとでいいのです。

 

自分で何かしようと思った時も同じです。

 

思いついた瞬間、「だめだめ、そんなの俺ムリ。」「時間ないし」「お金があったらなぁ・・・」と勝手に否定していないかということです。
突飛なことだって、人のアイデアのパクリだってまずはいいんです。
いろんな仮説をだせるかどうかが、第一歩です。

それから自分でできることは何か、他人の力が借りれることがないか、冷静に分析していけばいいのです。

OrBは起業や就職のサポートをはじめ様々なマンツーマンサポートを提供しています。
その中で仮説(アイデア)を一緒に考えていきますが、その時はぜひブレインストーミングの4つのルールを思い出してみてください。

自分にブレーキをかけてしまうのはいつだって自分なのです。

OrBの相談員は否定したり、否定的なことを言いません。それはすべて出そろってから一緒に考えればいいのです。

ぜひ思いついたこと、ずっと考えていたけど恥ずかしくて口に出せなかったことなど、なんでも言葉にしてみてください!

ご連絡お待ちしています!

dbk\y[Wֈړ₢킹tH[ֈړ