社会復帰・復職・職場復帰等を支援する電話・メール相談サービス「OrB(オーブ)」
ひきこもり・うつ病の経験者が対応いたします!

電話相談予約ページ

東京、長野、名古屋

社会復帰・復職・職場復帰等を支援する電話相談サービス「OrB(オーブ)」 ホーム > ブログ > 「選択と集中」、その前に

「選択と集中」、その前に

何をするにも資源(時間やお金)は限られているから、「選択と集中」が必要だ。

 

確かにそうなんですが、これには前提条件があると思うのです。

 

それは選択と集中を行う対象をきちんとした基準をもって見極められるかどうかということです。

 

基準があいまいだと「選択と集中」のターゲットもあいまいになり、結果も中途半端に・・・

 

では基準とは何なのか?僕たちは何のために頑張ればいいのか・・・

 

自分の価値に沿ったことを「選択」し「集中」して行えばいいのです。

 

じゃあその価値ってなんのこと?

 

このブログを読んでいる方の中には「自分に価値なんてない」って思ってる方もいらっしゃるかと思います。かつて僕もそうでした。「僕ダメなんで。」と二言目には言ってました。

 

でも、価値がない人間などいません。自分の価値に気付いてない人がたくさんいるだけです。今、命があるのは価値があるからです。

 

では具体的に自分にどんな価値があるのか、価値を棚卸、つまり見える化してみましょう。

 

価値には内的価値と外的価値がありますが今日は内的価値のお話をします。

内的価値とは現在のあなたが有する価値のことです。内的価値はすべての人が持っています。内的価値は次の6つの要素で構成されています。

 

1.情熱

2.才能

3.知識・経験・スキル・資格

4.人脈

5.人格

6.目的

 

例えば、情熱とはあなたが食べることや寝ることを忘れて没頭できることです。

「学ぶ」、「人の話を聞く」などの動詞、「テニス」「ガーデニング」など特定の名詞で表現することができます。

一例をあげると「TVゲームなら夜通しできる」ならTVゲームはあなたにとって「情熱」です。

 

TVゲームが大好きな人がもし経済的に自立したいという目標があるなら、「選択と集中」をすべきなのは・・・

 

これは他の5つの構成要素も考慮して決めることであり、だからこそ人によって答えはバラバラでいいのです。

 

もしあなたが何に「選択と集中」をすればいいのかわからないのなら、OrBは内的価値の棚卸を6つの構成要素すべてにおいてお手伝いいたします。もちろん6つの構成要素がそれぞれどんな意味を持っているのかもお伝えしています。

 

いまから何かを学ばなくてもすべての人が現段階ですごい量とすごい質の価値を持っています。価値の棚卸をすると自分で自分に驚くことができます(笑)

 

興味・関心のある方、自分探しの途中で迷っている方は是非お問い合わせいただければ嬉しいです。

 

連絡お待ちしています。

dbk\y[Wֈړ₢킹tH[ֈړ