社会復帰・復職・職場復帰等を支援する電話・メール相談サービス「OrB(オーブ)」
ひきこもり・うつ病の経験者が対応いたします!

電話相談予約ページ

東京、長野、名古屋

社会復帰・復職・職場復帰等を支援する電話相談サービス「OrB(オーブ)」 ホーム > ブログ > Be・Do・Have

Be・Do・Have

僕たちは何に存在意義を持つのだろう。

 

僕はビジネス本とかもたまに読むのですが、「Be・Do・Have」という考え方を紹介している本を時折見かけます。

 

Haveは所有に満足を得る人間の考え方。何かを持っていることに優越感だったり、満足感を得る。車だったり家だったり、時には立場だったり。

もちろんその見方は他人に対してもそうなわけで、この人は年収2,000万だからすごいんだとか、大きな会社の役員だからとかで判断します。

 

Doはしていることに満足、生きている意義を感じる人間の考え方。こんなことをしているか、こんなことができるんだとか、していることに価値を感じる。

 

そしてBeはそこに立っている、生きていることに価値を感じる。そしてどういう人間になりたいかを考える。行動するだけでなくそこにあり方を意識する。どうありたいか。

どういうものを持っているか、そういう立場か、何をしているかにかかわらず人の価値を認めてあげられる。

 

何が高次元の見方とかはどうでもいい。

いろんな見方があっていい。

 

あなたはどの見方を選びたいのか?

自分への見方と他人に対する評価は実は同じなのではないかと思っています。

Haveを重視すると、所有しているかどうかで人を評価します。

Doは何を行っているかで、Beなら・・・

あなたはどう思われたいですか?

dbk\y[Wֈړ₢킹tH[ֈړ